MENU

株の世界の歩き方

当サイトは株の世界の歩き方を伝授することを目的としたサイトです。
最初に断っておきますが、株の世界の道は舗装はされていませんし、道幅も狭いです。場所によっては道路端に穴が開い
ていることもありますし、断崖絶壁の場所もあります。くれぐれもご注意を…。

 

・株の世界を歩くときは酔っ払っていてはいけません。
正常な感覚でないときに歩いて家までたどり着くはずはないですよね。掲示板などで「あおった記事」などに惑わされない
ように気をつけましょう。「危ない」と感じたら一度水を飲むことをお勧めします。

 

・株の世界を歩くときは道の真ん中を歩きましょう。
正々堂々と王道を歩くのが利益への近道です。間違ってもインサイダーなどを利用してはなりませぬ。インサイダー取引で
莫大な利益を得たとしても所詮は悪い儲け。必ずあとで断崖絶壁から落ちます。

 

・株の世界は走ってはいけません。
株の世界はタイム競争ではありません。コツコツ歩くのがベストです。走ってしまうと転んでしまうことが多いのです。
コツコツが基本です。

 

・株の世界はゴールがありません。
儲けていても次の瞬間に全て失うことがある競争です。あえてゴールを探すなら、それはあなたが株の道から降りたとき
です。でも、降りるのも難しいんです。ゴールはうまく降りれるかどうかが勝負なのです。

 

株の世界は上記の歩き方を守った人だけが勝てる競争です。

 

楽しみながら勝ってください、ネ!

株の楽しみ方

ギャンブルを好む気質は人間の本能に近いものがあります。一時のブームはなくなっても宝くじがあれほど売れ、totoのBIGがコン
ピューターが壊れるほど売れたのもギャンブルに対する人間の好奇心がなせる技です。
専門家の中には「株はギャンブルではない」とのたまう人もちらほらいますが、私は「株はギャンブル」だと思っています。だっ
て考えてもみてください。株価が一秒後に上がるか下がるかなんて人間にわかるはずがないじゃないですか。わかったら人間では
ないです。だいたい一秒後でも未来がわかる人は株などやりません。
このように書くと、私が株に批判的な人間と思うかもしれませんがそうではありません。あえて言うなら「ギャンブルであるから
こそ」株を楽しみましょう、という考えです。

 

ギャンブルで真っ先に思いつくのは競馬とパチンコです。競馬場にいる人人の群れを見ていますと壮観です。あの人たちは競馬が
ギャンブルであることを承知のうえで楽しんでいます。
パチンコの台に向かっている人たちの表情を見ていますと、実に楽しそうです。もし椅子の下に玉がたくさん積んであろうものなら
その顔はエビス様の表情になっています。
同じように株もギャンブルとして楽しめばよいのです。楽しむためには企業の業績や経済状況、政治の動き、そしてそれらの日本
だけに限った情報でなく世界の情報を調べることが必要です。ギャンブルをしながらそれだけの勉強をする機会に接することが株
以外であるでしょうか。
ありません。

 

みなさん、株をやって知的好奇心を満たしましょう。

株売買の基礎知識

「株をやりたい」けどどうすればよいかわからない人のために今回は簡単にご説明いたします。
基本的に株売買は証券会社に依頼します。どんな会社の株でも買えるのかというとそうではありません。株を公開している
会社に限られています。あなたの近所に「将来有望な会社」があったとしても株を買うことはできないのです。
公開している会社とは、「上場している」会社ということです。どこに「上場している」かというと、東京証券取引所とか大阪証券
取引所などです。新興企業を対象にしたジャスダックなどという名前はお聞きになったことがあるでしょう。
難しいことはさておいて、証券会社に口座を持つと証券会社に入金します。さて、いくら入金すればよいか…。
株は企業により単位が決まっています。最も多いのは1000株単位ですが、1株単位の企業もありますし500株単位の企業も
あります。
いくら入金するかは、その企業の株価×単位株数+手数料の合計額以上です。
例えば株価70円の株式で単位が1000株の場合、証券会社に支払う手数料が300円として合計70,300円となります。
実は、説明しています株売買の方法は現物と言いまして、それ以外にはミニ株や信用取引といった方法もあります。ミニ株
ですと取引きに制限はありますが、十分の一の金額で株売買をすることができます。
是非、一度挑戦してみてください。